UBEビエンナーレ。

地元で開催されている現代日本彫刻展。
うちの街は「花と緑と彫刻のまち」というキャッチフレーズで、
街中にもいろんな彫刻が設置されてます。

24回目になるのに、見に行ったのは今回が初めて。
ニュースで見て、気になった彫刻があったので、
娘②は、実家でお留守番してもらい、
子供達と自転車で、出掛けてきました。




b0028337_19333889.jpg

これが見てみたかった彫刻。
岡野幸絵さんの「ただいま、地球」。
地元出身者の出品は、これが初めてだそうで話題になってました。
彫刻って、素人の私には「?」って思うことが多いけど、
これは可愛らしくて、娘①も気に入ってました。
小さい模型が売り出されたら、買いたいくらい
私も気に入っちゃいました♪
b0028337_1933387.jpg

宇部興産株式会社賞の
中出武彦さんの「深夜バス」。
木でできた彫刻って初めて見ました。
近寄ると木の香りが!
中には蛍光灯もあって、点灯するようにもなってて可愛らしかったです。
b0028337_193338100.jpg

息子が「リレーしちょる!」と言ってた彫刻。
前から見ると
b0028337_19333813.jpg

野球のバッターとキャッチャーでした!
津村良さんの「みんなの楽しみ」。
二人ともバッターの真似して、楽しんでました。
b0028337_1933381.jpg

娘①が怖がってた
西平孝史さんの「温羅(うら)」。
桃太郎の鬼のルーツと言われる鬼羅がモチーフになっているとのこと。
今にも歩き出しそうで、私もちょっとドキドキしました。
息子は、「すげー!」と興奮。
確かに男の子が好きそうな感じ。
b0028337_19333881.jpg

これも息子が気に入ってた彫刻。
森川穣さんの「此方」。
ちょうど西日が反射して、見る方向で光の加減が違うので、
とても面白かったです。

他にも色んな彫刻があり、海外からの出品も多く、
また見学者も多くて、ビックリしました。

芝生も気持ちいいので、また娘②も一緒に見に行ってみようかな。
[PR]

by kumalog | 2011-09-25 19:33 | メモ